介護でも厄介な認知症をのトラブルを紹介します!

認知症の介護は壮絶!

行方不明になる高齢者が多い!

介護の中でも、認知症の患者さんはトラブルが多く、介護で泣かされる人が非常に多いです。

 

認知症の場合、一番怖いのはやはり【行方不明】です。

 

年間、日本では数多くの行方不明者が出ていますが、老人の行方不明者の場合、認知症を患っている人が非常に多いと言われています。

 

やはり認知症になってしまうと、【自分で一人で家に帰れなくなってしまう】ので注意をしないといけない所です。

 

そのため、認知症の介護の場合、【目を離さない】というのが実に重要です!

 

認知症の人がふらりと外に出てしまったら、大変危険です!

 

普通だったら簡単に自宅に帰ってこれますが、認知症の人の場合は、家の場所もわからず、何のために外に出たのかもわからず、路頭に迷ってしまいます。

 

自宅に帰ってこれなくなってしまった高齢者が、運よく帰宅できれば良いですが、最悪の場合は、何か悪い犯罪に巻き込まれてしまうこともあります。

 

認知症の患者さんを外へ一人で出さないようにするのが大事ですが、認知症の人は、夜でもふらりと徘徊する人もいますので、困ってしまいます。

 

さすがに寝ている時まで、認知症の人を見張っていることはできません。

 

しかし、夜の徘徊だけで、きちんと自宅に戻ってこれるのであればまだ良い方です。

 

完全な行方不明者になってしまうと、介護をしている人が責任を感じてしまい、気持ちが塞ぎ込んでしまいますので、やはりショックは大きいです。

 

介護の中でも認知症は、かなり厄介です。

 

目が話せないので監視カメラを設置!

目を離すと行方不明になってしまう認知症患者ですが、1日中24時間寝ないで見張ることはさすがに限界があります。

 

そのため、徘徊癖がひどい場合は、【監視カメラ】を利用するケースも多いです。

 

玄関や室内に監視カメラを設置して、どこに向かっていくのかチェックすることで、万が一、帰ってこなくなった時に、参考になります。

 

監視カメラを設置しないと、いつどこでいなくなったのか、それすら把握できないこともあります。

 

特に夜間の徘徊は、みんな寝入ってしまっているケースが多いので、いなくなってしまうと、検討もつかなくなってしまいます。

 

監視カメラの設置は悩みどころではありますが、やはり行方不明のリスクを考えれば、徘徊癖がある人は設置したほうが安心です。

 

認知症と言っても、徘徊癖がない人もいますので、個人差はあります。

 

昼間はなんとか行動を見張ることができても、やはり夜まではチェックするのが難しいので、監視カメラのようなグッズを利用するのも一つの手段です。

 

少しでも介護をする人の負担が減らせるのであれば、監視カメラの設置も無駄ではありません。

 

行方不明になってしまうと、それが最後の姿になってしまい、後悔が残ることも多いです。

 

どんな形になったとしても、自宅に戻ってくれば良いですが、それが叶わなくなってしまう可能性がありますので、やはり行方不明にさせたくない人は、在宅ケアでも24時間監視できる体制を整えるのが大事だと思います。

 

関連ページ

介護の押しつけ合いで家庭崩壊
介護って誰がやるの?
介護を女性に任せるには限界がある!
介護の現場で実際に必要なスキルとは?
介護をするのは長男の嫁?それとも娘?
介護に巻き込まれる長男の嫁と娘の確執が勃発!
在宅ケアか?介護施設か?
介護はどこで行うのがベストか?
嫌になる介護の現実
介護って甘くないと痛感する瞬間
自宅介護の場合はリフォーム費用が高い!
介護を自宅でするならリフォームが必要!

ホーム RSS購読 サイトマップ